脇汗で黄ばみができる原因

今日はお気に入りの白いブラウスを着ようと思ってハンガーから外してみると、なにやら脇にくすんだ色が。もしかして黄ばみ!?がーん。気をつけていたのに・・・ ショック。

気をつけているのにどうして黄ばみができるの!?
脇汗で黄ばみができる原因を調べてみました。

(1)アポクリン腺からの分泌物

黄ばみの最大の要因がこれ。
ワキガの原因になることで有名ですよね。

アポクリン腺からは、脂肪酸やたんぱく質など様々な分泌物が汗とともにでます。
それが脇のニオイを生み出しているんです。

このアポクリン腺の中にリポフスチンという色素が入っています。
この色素が黄ばみを作る原因なんです。

なんと恐ろしいことに、脇のニオイがきつい人ほど黄ばみになりやすいそうです。
クリニックでは黄ばみの程度がワキガの強さの指標として使われているとか。

黄ばみができる=ニオイがきつい

というおそろしい等式が成り立ってしまうようです。
ただ、リポフスチンだけが原因とは限りません。

(2)デオドラント剤

脇汗が気になる私にとってはマストアイテム。
それが黄ばみの原因になっている!?どういうこと?

デオドラント剤の成分が衣類に付着し、黄ばみを作ってしまいます。
ただ、どの成分が黄ばみの原因となるかは人によるので一概には決められないのだとか。

たしかに、私もデオナチュレのクリスタルストーンを使っているときはよく黄ばんでいて、他に変えた経験があります。

デオナチュレが悪いわけではなくて、私の体質とは合わなかったってことだったんですね。

デオドラント剤が黄ばみの原因かどうかを調べる方法は、数日使用を辞めてみること。
それで黄ばみができなければ、そのデオドラント剤が原因ということに。

(3)汗染み

こちらはアポクリン腺からではなく、エクリン腺から分泌される汗。
本来、汗染みは色も薄くて黄ばむものではないのですが、色が強く出てしまうことがあるそうです。

原因はいくつかあるようですが、おもに肌の状態が悪かったり、汗に鉄が含まれている場合、精神状態が悪い場合に起こりやすいそうです。

いかがでしたか?
このように脇汗による黄ばみの原因はいくつかに分けられます。

ニオイがきつい人はアポクリン腺で間違いないと思いますが、そんなにニオイを感じないのに黄ばみができる人は制汗剤や汗染みなどが原因かも。

それぞれ対処法は違うから、まずは自分の黄ばみの原因は何なのかを突き止めることが大切ですね。

このページの先頭へ